新潟県

新潟県 令和4年度 県内企業の採用力向上推進事業

株式会社スワロー工業

なぜ個別コンサルティングを受けることになったのか

「説明会参加後、選考に進む学生の歩留まり率」、「選考離脱・内定辞退の施策の打ち出し」、「採用担当者の育成」
上記3点の課題を解決したく、今回の個別コンサルティングに申し込みしました。

consulting step 01

現状の採用活動についてヒアリング

2022.07.06

自社の採用活動について、現状共有を実施しました

「選考において、求める人物像が明確化していない。“明るく元気”というキーワードはあるが、人により解釈が異なり評価の基準が定まっていない」
経営企画部部長の太田様、担当のK様、I様にご参加いただき、現在感じている採用課題や、採用フローについて共有をいたしました。
“明るく元気”な外向性の高い方は、面接で高く評価してしまう傾向にあります。面接での評価ポイントの見直しのため、今後評価シートを共有し、見直しを検討することとなりました。

課題の洗い出しを行い、現状の見つめ直しを行いました

求める人物像の明確化にあたって、社員の行動特性について分析を行っていくこととなりました。
行動特性は、教育等で伸ばすことのできる“可変的な要素”、生まれ持っている“不変的な要素”の2つに分類でき、“不変的な要素”を面接で見抜いていく必要があります。部署ごとの特徴や会社全体の特徴をつかみ、行動特性を分析することで、面接時に見抜く要素が定まっていきます。
今後評価基準を定めるために、社員へインタビュー等を行い、求める人物像における要件定義について検討を行ってまいります。