新潟県

新潟県 令和4年度 県内企業の採用力向上推進事業

株式会社ジオックス

なぜ個別コンサルティングを受けることになったのか

これまで、様々な採用サービスやハローワークなどを利用し、採用活動を行ってきましたが、自社の求める人材と出会うことが出来ないという問題を抱えていました。
今回、自社の採用ホームページをリニューアルするにあたり、採用活動について見直しをしたいと考え、個別コンサルティングに申し込みました。

consulting step 01

現状の採用活動についてヒアリング

2022.06.09

自社の採用活動について、現状共有を実施しました

「募集職種は営業職と研究開発職です。
営業職は学部、選考を問いません。開発職は理系学部で化学系専攻の方を求めています。いずれも基礎力と広い見識、バランスのとれた人材を求めています。」
代表取締役 田中様、採用担当のI様に同席いただき、現状の採用活動や、どのような人材を求めているかをお話をいただきました。
すぐに取り組める採用サービスや活用方法など、今の時点で優先的に取り組むべき事項について、いくつかご提案をさせていただきました。

課題の洗い出しを行い、現状の見つめ直しを行いました

採用ホームページをリニューアルし、求職者に見ていただくためには、自社に興味を持ってくれる方を増やすことが必要となります。募集の課題について取り組むにあたり、次回のコンサルティングまでに使用している採用サービスを活用し、求職者へアプローチすることにいたしました。また、今後新卒学生を受け入れるにあたって、どのような学生を求めるのか、方向性の検討を行います。どのようにアプローチし、何を伝えていくべきかを一緒に考え、結果に繋がるよう進めて行きます。

consulting step 02

中途採用媒体の進捗状況について

2022.08.16

中途採用媒体の進捗状況についてお伺いしました

「中途採用の募集を継続しているが、求める人材と出会えていない」
中途採用は前職でのキャリアを活かし、即戦力としての活動を期待できるため多くの企業が注力しています。ただ、一般的に求職者は知名度のある企業を選ぶ傾向があるため、自社の特徴と求める人材を明確にし、他社とは異なる魅力を訴求していくことが重要です。
現状抱えている課題や状況をお伺いし、今後別のアプローチ方法を試行するために自社に合う中途採用媒体についていくつか説明をさせていただきました。

新卒採用活動に向けて

新卒採用活動を行うにあたり、インターンシップの開催はいまや重要な施策となっています。就職活動の早期化、長期化の影響を受け、インターンシップは学生と企業が早期接触できるまたとない機会となっており、その役割も変化しています。
これから来年度の新卒採用活動に向けて、冬のインターンシップを実施する場合、時期としては11月から2月頃かつ大学の授業と重ならないよう、土日や春休みを利用しての開催がメインとなります。中途採用の募集状況をふまえて、来年度の新卒採用活動に向けた準備についてお話をさせていただきました。
新卒採用活動を行うにあたり、まずは受入れ体制を整えることが必要です。
次回までに、中途採用媒体の資料を共有し、応募者へのアプローチ方法について、改めて検討を行っていきます。